べえ師匠だけど中間

アルツハイマー、よく耳にする病名ですよね。

厚生労働省の探査グループが2012カテゴリーに行なった分析に因ると
65歳以上の者の15%ほどが検知症を患ってあり、約460万人ほどですそうです。

そして、そのうちの7割ほどがアルツハイマータイプの検知症であると言われているんです。

アルツハイマーというのは、ブドウ糖を脳がうまく利用することができなくなってしまうことで
ブドウ糖を大志へと変換することができなくなってしまうため
脳の細胞は飢餓進度となってしまい、急激な脳の退化が引き起こされるのだそうです。

私たちのカラダは、ランチから摂取した炭水化物をブドウ糖へと移植させる結果
そのブドウ糖を大志として利用しているんです。

そんなアルツハイマーの修繕や防止に
ココナッツオイルが嬉しい、とされているようです。
エクストレイル買取り

アルツハイマーの治療方法の中には、ケトン食療法というものがあります。

ケトンというのは、脳に栄養分をあげるために肝臓で生成されて掛かる材料なのですが
特殊な良い大志を持っています。

脳には、栄養分としてブドウ糖またはケトンが運ばれているのですが
アルツハイマーを患ってしまうことでブドウ糖が運ばれなくなってしまいますから
ケトンを大志として使用する必要があります。

そのケトンを作りだすためには、血糖役割を低くする必要があるんです。

ケトンが生成されるのは、ブドウ糖の濃度が低低血糖の状態である必要がある結果
ブドウ糖と上る炭水化物の取り入れを控えなくてはなりません。

炭水化物を遠ざける代わりに
必要なタンパク質やカロリーは、脂肪から摂取するという食療法がケトン食療法だ。

私たちの普段の食べ物の中で一年中の取り入れカロリーのほとんどを炭水化物から摂取しているのですが
ケトン食療法では炭水化物を遠ざけなくてはならない結果
必要な養分をランチで摂取することがずいぶん難しくなります。

炭水化物を遠ざけながらも必要なカロリーや養分はじっくり摂取しなければなりません。

一年中の取り入れカロリーの60%ほどを炭水化物で摂取しているのですが
ケトン食療法では、炭水化物の用量を2%ほどに遠のけなければなりませんんから
その分の栄養分を補うことはいやに酷いのです。

ランチはデイリー摂取するものですから、ランチの処方箋を練るのも全然危惧なものになってしまう。

そこで注目されたのがココナッツオイルです。

ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸トリグリセリドが含まれているのですが
血糖役割に関係なく、こういう材料はカラダでケトンに移植されます。

普段のランチにココナッツオイルの間鎖脂肪酸トリグリセリドを用いる結果
ケトン食療法をやれるというものなのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク